更年期障害の治療は早めに行おう|高年期だけじゃない更年期

Woman consults with doctor

性別に関係ない

20代30代も発症する

Healthy woman

更年期障害の治療を受ける前に知っておきたいことがあります。それは、更年期障害には種類があるということです。更年期障害というと40代や50代に多いというイメージがありますが、現在はその年代が低くなってきています。20代や30代の人にも人ごとではない障害となっているのです。このような若年期で発症する更年期障害を「若年性更年期障害」といいます。この症状の主な原因と言われているのが、ホルモンバランスの乱れです。ストレスや生活習慣の乱れ、食生活の乱れによりホルモンのバランスが乱れてしまいます。ホルモンが乱れると様々なトラブルが体に起きてしまいますが、その一つとして若年性更年期障害があるのです。20代や30代の年代は人間関係や仕事、子育てが原因でストレスを抱え込みがちです。ストレスを上手く向き合うことができず溜め込むことにより、動悸や息切れ、多汗、寝付きが悪い、生理不順などとなり若年性更年期障害へと発症してしまうのです。治療では根本を改善することはもちろん、薬を服用した改善を目指していきます。

男性も発症する

更年期障害は一般的に女性が発症すると言われていますが、男性も発症することが分かりました。女性の場合、生理不順などの変化があるため変化に気付くことができますが、男性の場合は更年期障害を発症した場合、症状が現れるのに個人差があるため判断することが難しくなります。そのため、症状がひどくなった後に気付くということがあるのです。男性の場合、男性ホルモンが減少することで発症するといわれています。症状としてあるのが、不安、排尿時の異変、倦怠感などです。以前とは違う体の変化に気付いたら、放っておかずすぐ医師に相談しましょう。男性の更年期障害も治療で改善することができます。