更年期障害の治療は早めに行おう|高年期だけじゃない更年期

Woman consults with doctor

特徴的な症状

体に異常が見つからない

Woman health consultation

めまいや吐き気、ほかにも熱っぽさや腹痛など感じているにもかかわらず、医師に診てもらっても何の異常もないと診断され、それでも症状を感じてしまい、周囲に理解を得られずに苦しんでいる人は少なくありませんでした。体に異常はないのに症状が現れるその原因は、実は自律神経失調症となり現れていたものだったということは多くありました。自律神経失調症から現れる症状が周囲から見るとただの思い込みと思われたり、仮病を使っているのではと思われたりして冷たい目で見られる人も多く、最近では自律神経失調症の症状が知られるまでは辛く感じている人が多かったのです。自律神経失調症は立派な病気で、今では医師の診断でわかるようになってきています。

ストレス緩和の方法が必要

自律神経失調症となってしまう主な原因はストレスだといわれています。現代はストレス社会といわれることだけありまして、ストレスを感じない人は少ないのかもしれません。ほとんどの人がストレスを感じ、上手に発散しなければたまっていく一方で、ため込んでしまいますと体に良くない影響が出てきてしまい、結果、自律神経が乱れてしまうようになります。そのようにならないためにもストレスを発散できる方法を身につけていくことが必要で、最近ではいろんな方法が伝えられています。たとえばアロマセラピー、ヒーリング音楽を聴く、ストレッチ、そのほか趣味を見つけるなど、自分がこれだと感じる方法でストレスを緩和させられるようにすることが1人1人必要となってきます。